スローモーション調整

iPhone6の新機能だと勘違いしていたスローモーション撮影を試してみる。

私の先代スマホiPhone5でiOS8にアップデートされた時、カメラ機能にタイムラプスが追加されている事を確認。そしてiPhone6が手元に来てカメラ機能に新しくスローモーションが追加されている事に気付き、早速く試してみました。(投稿直前にiPhone5sからの機能だと知る。)

 

横向きで撮影すれば良かったと後悔。

早い動きに反応してスローモーションになっているのかな?石の動きにも反応してほしかったのですが、対象が小さかったのかもしれません。

そこで気付いたのがiPhoneで再生中の画面でスローモーションの箇所を調整できるということです。

スローモーション調整

赤マルをスライドすると青の目盛りの間隔が広い側と狭い側の境が移動するので、任意にスローモーションを調整できます。

そして楽しい画像が撮れた時に誰かに広めたい!と思ったらYouTubenでの公開が便利になりました。

緑マルをタップするとcamera03

 

こんな画面になりますので、好きな方法で共有する事ができます。

YouTubeやその他SNSは事前にアカウントを持っているとココからIDとPWの入力で公開することができます。

 

撮影失敗バージョン↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です