ヘルスケア00

iOS8の新アプリ ヘルスケアがいつもまにか使えるようになっていて、記録も自動的に開始していたので設定してみた。

iOS8にアップデートしたり、iPhone6を買った方はプリインストールされている

アプリ『ヘルスケア』。

 

フィットネスアプリや、健康アプリと連携して『ヘルスケア』で一括して自分のデータを見れるもので、まだ対応アプリがほとんどなく、各フィットネスアプリや、健康アプリが対応してから それらと連携して使用するアプリだと思っていました。

 

そして、ふとヘルスケアに対応したアプリは増えてきてるのかなと思い、いろいろ検索してみると、対応アプリはそれほどありませんでしたが、ヘルスケア単独ですでに歩数などの情報は記録が開始されているとネット上で発見したので、早速自分のiPhone6で見てみる事に。

 

設定方法はこうです ↓

ヘルスケア01

まずヘルスケアアプリを選び 1.の健康データをタップすると上の画面になるので、2.のフィットネスをタップします。

すると、下の画像が表示されます。

 

ヘルスケア02

フィットネスの項目の一覧表示の中から歩数をタップしてください。

そこにはほら、もうすでに歩数データが!

 

ヘルスケア03

いつの間にか歩数データが記録されていたのがわかります。

このデータをいつでも簡単に見れるようにフィットネスアプリの最初の画面(ダッシュボード)に表示するようにしてみましょう。方法は、画面の『ダッシュボードに表示』の右にあるスイッチを白色から緑色にタップして変えてあげてください。するとダッシュボードに表示されるようになります。

同じようにウォーキング+ランニングの距離も記録されているのでダッシュボードに表示してみると…

 

ヘルスケア04

このようにダッシュボードに歩数とウォーキング+ランニングの距離が表示されました。

みごとに歩数に比例した距離になってますね。当たり前ですが。金曜(9/26)は忙しく歩き回っていたようで、土曜(9/27)は引きこもっていたみたいですね。後で見返すと自分の歩数や移動距離が確認できてなかなか楽しいものです。

いろんなアプリと連携できるようになるともっと楽しくなっていくでしょう。早く私の利用しているフィットネスアプリ Road Bike PROも対応してくれる事に期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です